短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!と言いつつほぼ読書日記です。

短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!ときどき読書日記です。

米光さんのタロット本

アマゾンから米光一成さんのタロット本をおススメされました。友達のタロットの投稿を見ていたこともあり、ポチしてみました。


『思考ツールとしてのタロット』米光一成著


Kindleでさっと読めます。タロットカードの絵柄の説明も大アルカナ22枚についてのみで、すごくざっくりしてます(タロットは他に小アルカナ56枚があるらしい)。


だけど、読んだらめっちゃタロットに興味が出てきました…タロットの意義を、すごく腹落ちさせてくれる本です。


ある問いを念頭にカードを引いたとします。そのカードの絵柄が象徴すること、そこから連想して、頭に思い浮かんだことが問いの答えになります。


タロットカードの絵柄が持つ様々な意味を、米光さんは「視点」と言ってます。22枚の大アルカナだったら、22の視点があるということになる。


その豊かな視点の中から、裏返しのまま一枚抜き出すという偶然性が、こちらのガードを緩めてくれる。


それによって、頭の中で「ないこと」にしてた考えが引っ張りだされる。タロットカードには、モヤモヤしてて、はっきりしてないことに、シュッと形を与える効果があるんですね。

 

答えは、カードではなく、カードを引いた人間の側にあるんですね。

 

コーチングカードの『Points of You』に、ものすごく似ていると思いました(逆か、POYがタロットに似てるんですね)。


さて、今日さっそく「お盆休み」について、タロットを引いて見たところ、「女教皇」のカードが出ました。


『鏡リュウジの実践タロットリーディング』によれば、「(女教皇の)このカードが出たときは、理屈や損得勘定より、自分の直感や感情を優先させた方がいい。」


ほ〜〜。お盆はタロットの本を読もうと思います。