短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!と言いつつほぼ読書日記です。

短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!ときどき読書日記です。

表紙で選んだ本

駅の本屋さんでディスプレイされていて、気になったのに買えてなかった本を、昨日思い出して買いました。写真集でした。


『読む時間』アンドレ・ケルテス

 

読む時間

読む時間

 


直感が働いた理由は
・タイトルに「読む」が入っている
・表紙がキャンバスを貼ったみたいで惹かれる


冒頭に谷川俊太郎の詩が入っていました。この詩が、雨宿りした本屋さんで「本にウインクされ」、勘を信じて買って帰り今読んでいる…という詩でした。すごい偶然。


写真は、1900年代のもので、ひたすら、読むことに没頭する人たちが写されています。


屋上で日向ぼっこしながら読書する人。新聞につい集中してしまったおじさん、舞台袖なのについ本に夢中になった女の子。窓から家の中を覗き込んで、読む人を捉えたもの。


もっとも印象に残ったのは、人はいないけど書斎を写したもの。右側に天井までの本棚があり、そこからはみ出た古い本が視線の高さまで積み上げられています。正面には窓、窓の手前にはすごく小さな机、小さな椅子。


これむかーし住んでた家に似ている。私が大きくなった時にはもう倉庫扱いで、何でもかんでも詰め込まれていたのだけど、「かつては書斎だった」、そういう部屋があり、その雰囲気ににています。


湿っぽい空気を思い出してしまいました。その部屋にはなぜかモナリザのポスターが貼ってあり、目が動いてるように見えて怖かったな!