読書とよもやま日記

読書とよもやま話の日記、たまに短歌鑑賞します。

ただずっと見てくれる人②

前回、自分をただただずっと見てくれる人なんて、いるわけない、物理的に不可能、という話を書いたのでした。

はっきり言って、やっぱりいるわけないのですが、一つだけ手段があるのではないか。

その手段とは、記録を残すこと。記録を通して、少なくとも残された分については自分の全部を見てくれる人が一人くらい出てくれるのではないか。克明な記録が必要だけど…。

究極的には、誰か一人にいつか、全部をわかって欲しいという願望から、人は文章を書くのかなぁ、と思う。

日記は自分のために書くけれども、本当に自分が読むためだけだったら、オンラインに書いたりしないもんね。

なんて、そんなの当たり前じゃん?みたいな結論で終わります(笑)