短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!と言いつつほぼ読書日記です。

短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!ときどき読書日記です。

刺激と反応の間に選択がある


読書会で『7つの習慣
先日、とあるオンラインコミュニティで、少人数の読書会に参加しました。テーマ本はこちらでした。

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

ものすごく有名な自己啓発本、『7つの習慣』ですが、分厚くて手を出せずにいました。しかし、この読書会では、全7回で「習慣」を1つずつとりあげていくとのことで、参加しやすかった。ありがたや。初回なので、テーマは「第1の習慣 主体的である」でした。

 

やっぱり一人で読むよりいい
読書会では、参加者5人が、本を読んでの気づきや、自分の経験から関連するエピソードを発表しました。私は、準備不足だったから聞いていた方はわかりにくかったと思う、反省。

でも、ほかの方からお聞きした具体的なエピソードによって、「みんなはこういうふうに日常生活に落とし込んでいるんだ!」とわかってすごくよかったです。自分にできない経験も重ね合わせることができるから、やっぱり一人で読むよりいいなぁと思った。

 

「第1の習慣 主体的である」のキモ
参加した後、反省してきちんと読み直したのですが、キモは次の3つだと思います。

 

・刺激と反応の間には選択がある
 ある出来事をどう受け止めるかは、実は自分で選択できるのです。例えばトラブルに対し反射的に「なんで私がこんな目にあわなきゃならないの!」と言ってしまうのは、反応的。しかし、人はただ反応する前に、別の道も選択できる。主体的でありたいならば、「トラブル」の違う側面をみつけたり、自分がそこに影響を与えられるか検討したりする道を選択するのがよいそうです。

 

・主体的な言葉を使おう
 ○○を持っていたら××できるのに…といった言葉は、主体的でなく、責任転嫁してしまっています。

そして恐ろしいのは、言葉を発した人が本当にそうなってしまうこと。実際に「○○がないから××できな」くなってしまう。本に「発した言葉が自己達成預言になってしまう」とあったけれど、要するに言葉による「悪い予言」「呪い」です!

主体的でありたいならば、××できないときは、「私は別の案を考える」「代わりに△△する」といった言葉を使うとよいそうです。

 

・影響の輪の内側のことに集中する
自分が関心を持っている範囲の中にも、自分で影響を与えられることとそうでないことがある。「自分が影響を与えられること=影響の輪の内側のこと」と定義されています。影響の輪の外にあるのは、例えば天気、例えば他人の行動や気持ち。影響の輪の外のことに気を揉むのではなく、輪の中のことに集中するのがよい。中にあるもので、一番影響を与えやすいのは、自分の行動。そして、自分の行動を変えることで、他人の行動や気持ちに「間接的に」働きかけることはできる。影響の輪の「内側」に集中することで、結果的に影響を与えられる範囲は広がっていきます。

 

散らばったツールが統合されるかも
主催者の方がコメントされていたのですが、一章読むだけでも様々なエッセンスが含まれているとわかる。例えば、アンガーマネジメントや、課題の分離など。

7つの習慣』を読むことで、頭の中で散らばっていた知識が統合されるような気がします。続きも楽しみです。