短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!と言いつつほぼ読書日記です。

短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!ときどき読書日記です。

イベント「対決!短歌と俳句」で出されたお題とは

昨日ご報告したイベントなのですが…

 

新潮社主催の「対決! 短歌と俳句――穂村弘と堀本裕樹の『短歌と俳句五十番勝負』刊行記念トークイベント」
 
4月刊行予定の新刊にちなんで、著名人からの「お題」に対し、歌人の穂村さんが短歌を、俳人の堀本さんが俳句を提示して勝負するイベント。
 
これにつきまして、一体、著名人による「お題」とは何だったのか?という質問がありましたので、追記です。
 
お二人の作品を書くことは、書籍刊行前はNGかもと思うのですが、一部のお題の引用なら大丈夫かなと思って、書いてみます。
 
せっかくだからクイズにしてみよう。
 
次の1~4は、A~Dの方々によるお題です。誰がどのお題を出されたのでしょうか?
1.お題「唾」
2.お題「挿入」
3.お題「ぴたぴた」
4.お題「安普請」
 
A.谷川俊太郎(詩人)
B.壇蜜(タレント)
C.荒木経惟(写真家)
D.又吉直樹(芸人)
答えは10行後に。
 
 
 
 
 
 
 
答え
1.D  2.C  3.A  4.B
 
穂村さんと堀本さんのお二人は、このお題を見ただけで、やはり壇蜜という人はただ者ではないことがわかるよねぇ、というようなことをおっしゃっていました。
 
その他、作家で翻訳家、ヴォーカルスクール講師でもある西崎憲さんというかたもお題を出されていましたけれども、この方は実は歌人でもある。なかなかに珍しいお題でした。すると穂村さんが、「これは絶対、自分が詠みにくいと思ってるお題を出してきてるよね…」と推測してました。
 
書籍は五十番勝負なので、五十人の著名な方からのお題が出ます。今から刊行が楽しみです。