短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!と言いつつほぼ読書日記です。

短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!ときどき読書日記です。

イベント『対決!短歌と俳句』に行ってまいりました

先日、こちらのイベントに行ってきました!
 
新潮社主催の「対決! 短歌と俳句――穂村弘と堀本裕樹の『短歌と俳句五十番勝負』刊行記念トークイベント」
歌人穂村弘さんと、俳人・堀本裕樹さんが、出されたお題で短歌と俳句を作り、勝負を繰り広げる――月刊誌「波」で好評だった連載が、この春、本になります。タイトルはずばり、『短歌と俳句五十番勝負』。

お題を出してくれた人の中には、谷川俊太郎さんやビートたけしさん、アラーキーこと荒木経惟さんなども。
今回は、4月に刊行される上記の書籍から、10番勝負ほどが選びだされ、リアルバトルが行われました。
 
「お題」ごとに、短歌と俳句が並んでスライドで表示され、作者のお二人が読み上げます。鑑賞ののち、80人ほどの観客が「良い」と思う方に手を挙げる。挙手の多い方が勝ち!ジャンルが違うのに勝負を決めるという、無茶なイベントでした(笑)。
 
お二人とも忍者の格好でご登場。 直前まで『短歌と俳句五十番勝負』の装丁用写真を撮影されていて、着替えずにいらしたとのこと。
 
意外とお似合いでした(でも私服も見たかったかも…いえ!いいのです!ファンのわがままですね)。
 
穂村さんが、この格好で新潮社の別館とか歩いていると廊下から会議室に突然躍りこみたくなる、コスチュームは人格に影響を与えるんですねぇ、というようなことをおっしゃっていました。
 
穂村さんは、声が高めで、ゆったりと話され、なんだかイメージ通りの方でした。第一声の「こんばんは」から、もうゆったりされており、堀本さんが、この格好でその緊張感のなさ…とツッコんでおられました(笑)。
 
短歌と俳句にまつわる楽しい話、たくさん伺うことができました。
 
堀本さんのツイッターにお二人の忍者姿の写真がありましたので、リンク貼りますね。向かって右が穂村さん、左が堀本さんです。