短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!ときどき読書日記です。

短歌と妄想

短歌鑑賞ブログです!ときどき読書日記です。

思い出

おまんじゅうの体につぶらな瞳

ターシャ・テューダーの文庫本を買いました。 『生きていることを楽しんで』ターシャ・テューダー著 生きていることを楽しんで ターシャの言葉 (中経の文庫) 作者: ターシャ・テューダー,食野雅子 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/09/15 メディア: …

表紙で選んだ本

駅の本屋さんでディスプレイされていて、気になったのに買えてなかった本を、昨日思い出して買いました。写真集でした。 『読む時間』アンドレ・ケルテス 読む時間 作者: アンドレ・ケルテス,渡辺滋人 出版社/メーカー: 創元社 発売日: 2013/11/13 メディア:…

夏の思い出、手をつないで③

むかーしむかし、小1のとき。夏のはじめに授業参観がありました。 絵日記の書き方を教える授業でした。授業中に一回分日記を書いてみて、指された人が読んで発表するという形式でした。 私も指されたので、立ち上がって読みました。 そしたら第一声で保護者…

夏の思い出、手をつないで②

和室にまつわる夏の怖い思い出を書こうと思ったけど、考えてみれば私自身は怖いものを見たことがなかったです。 母は、この和室で、布団ごと押し入れに引きずり込まれる夢をみたらしい。ズズッ、ズズッ…て引っ張られたというんですね。母のその再現話がリア…

夏の思い出、手をつないで

今夜もただの思い出です。 むかーしむかし、自分が4才頃、居間で食べる夕飯を、なぜか皆んなで寝室に持って行って食べる、ってことをたまに、してました。 夏場に数回あった。寝室は和室で、障子の部屋。 それが、妙に楽しかったんですよね。 畳の上にアイロ…

「お前の姉ちゃん大丈夫か?」

今日もただの思い出話。 むかーしむかし、高校卒業して浪人してる頃、予備校からは、いつも土手の上の道を歩いて帰っていた。 そこは卒業したばかりの高校のマラソンコースでもあり、たまに運動部かな?という子が走っていたり、マラソン好きの先生方も走っ…

家に入れない子

こないだ、雨降ってたのに、知らない子供がマンションの入り口で寝そべって宿題してた。8歳くらいの子。 「家に入れないの?」「ちがいます」 即答。警戒されたな。鍵を家に忘れたんじゃないんかい…。 そこから思い出タイムへ突入。 9才の時、妹と二人で、父…

母は忘れていたけれど

友達が娘さんにあてて書いた手紙が素晴らしくって、感動しました。こちらです↓ 「心から対話をする。そして1mmでも前に進むこと。」https://note.mu/sanna/n/n1f92c06113b1 私も、母からかけられた言葉で感動したことあるかな?と思って振り返ってみました。…

強制冬眠の村〜学研の思い出2

昨日、学研の「◯年の学習」の記事を書いたのですが、冬の増刊号でも好きな話あったな〜と思い出したので書いてみます。 主人公は5年生くらいの男の子。家族で雪山にスキー旅行に来たが、夢中になって滑るうち、親とはぐれてしまう。 あたりはどんどん暗くな…

テレビの中の砂浜〜学研の思い出1

小学生の頃、学研の雑誌を購読していたな。妹は「◯年の科学」、私は「◯年の学習」だった。 周りの子には「科学」の方が人気あった。付録が実験系で面白かったから。私は読み物が好きだったから「学習」派。 「学習」の夏休み増刊号?に載ってて、何度も読み…

私の転機

お題「私の転機」を見て思いだした話を書きます。 むかしむかし、私が小学6年生の頃。当時、給食費は毎月、専用の封筒に入れて学校に持っていくことになっていました。 その日、先生が「給食費持ってきた人、出して〜〜」と言うので、私は何も考えずにランド…

Aちゃんの思い出

学生の頃、部活に貧乏な後輩がいました。冬でも短パン、ビーチサンダルでした。 当時、マクドナルドで10円マックという短期キャンペーンがあり、2日間くらい、ハンバーガーが10円で買えました。そしたらその子が10円マックを9個買ってきて、「これで3日間食…

『よるのばけもの』で引っ張り出された思い出

『よるのばけもの』住野よる著を読みました。 よるのばけもの 作者: 住野よる 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2016/12/07 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (8件) を見る 売れっ子作家さんの住野よるさん。『君の膵臓をたべたい』が…

結末を観ないで育った子は

先日、ケーブルテレビで83年の映画『時代屋の女房』を放映していました。夏目雅子と渡瀬恒彦主演の映画です。 時代屋の女房 発売日: 2013/11/26 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る ついつい観てしまったのですが、夜遅かったので最後の20分…

大人になっても倒れるほど笑う

いきなり、短歌でない話で恐縮ですが、先日書店でムック本のフェアをやってまして、佐野洋子のムック本を買いました。佐野洋子さんは絵本作家で、「100万回生きたねこ」を描いた人です。 佐野洋子〈追悼総特集〉100万回だってよみがえる (文藝別冊) 出版社/…