読書とよもやま日記

読書とよもやま話の日記、たまに短歌鑑賞します。

よもやま話

昨日日和って書けなかったこと

昨日の投稿で、ほんとは、言語化の限界について書きたかったのです。 だけど、日和ってしまって書けませんでした。一般には、自己実現のため、自分の思いは言語化するよう推奨されてますもんね。 私はときどき下記のようなことがあるんです。 思ったことをそ…

意志力消耗〜

職場の機器導入で、色々検討してるのだが、父に頼らずに高価な買い物をするのが初めてで、慣れない。 複数社から資料集めて懸念事項拾い上げて、デモをしてもらって質問をして、同僚と共有するのは新鮮ではある。 なのだが、いつもの業務に並行して進めるの…

間をあけての一歩はまたつらい

初出勤、なぜ鬱々としたのだろう。 多分頭の中で一番気にかかってることについて、年明け全く手をつけてなかったからだ。 気にかかってるのは、職場で高い機器を購入するのにどの会社のにするか決めなくちゃならねぇな!ということ。 年末、10人くらいの方々…

ごめんなさい

夜中に書いた投稿があまりにやけっぱちのマリアだったので削除しました。いいねくださった御二方ごめんなさい!! ちなみに「やけっぱちのマリア」とは https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%81%91%E3%81%A3%E3%81%B1%E3%81%A1%E3%81%AE%E3%83%9E%E…

照れ

昔、清水ミチコも言っておった。 照れが、いかに人の行動を狭めているかと…(文言は不正確です。確か清水ミチコは、人をすごい、すてきと思ったときに照れが邪魔して褒め言葉が言えないのは損だ、という文脈で言っておられた)。 照れるのって可愛い印象だけ…

結局何が決断を妨げるのか

仕事で新しい方式を取ろうとするとき、必ず頭をもたげる憂うつな気持ち。これがあると決断に対してつい後ろ向きになる。 「なぜなぜ」で自分を追い詰めてみよう。 なぜ、新しい方式がいやなのか? →一部の人から必ず苦情が出るから。 なぜ一部でも苦情が出る…

自己開示と着地点

何か文章を書くとき、10数人くらいの人達に「ちょっと面白い」と思ってもらえればそれでいいや、という気持ちがものすごくある 。ずっとそういう着地点しか狙ってませんでした。 ちょっとひくわー そんな人だったの うわー恥ずかしいー という感想をもらう機…

深まらないという話

年末に過去を振り返ってアウトプットしてみるというワークを少しやった。 むかーし、20年くらい前に病んで仕事行けなかったことあって、その時のドロドロを書こうと思ったけど、なぜかあんまり言葉が出てこない。 なんとかまとまった文章を書こうとすると、…

仕事の振り返り

2018年は7、8月頃、仕事を回すのに精一杯で能率が上がらず、休みに出勤したりもしました。 9月には仕事を少し減らしました。これは正しい判断だったと思います。 さらにその後、数日仕事を休みにしてセミナーに行くということもしてみました。それで体感した…

2018年をモノで振り返る

2018年をモノで振り返りました。発売年が古いのもあるのですごく個人的な振り返りです^_^ ◾︎2018年個人的によかった本と漫画 ・ニュクスの角灯/高浜寛(味わいある絵) ・思考ツールとしてのタロット/米光一成(びっくりした) ・私とは何か 個人から分人へ/…

感知中

母(80代)を助手席に乗せて、信号待ち中でした。 感応式信号に「感知中」というライトが灯っていて、母が突然、言いました。 「カ〜ンチッ」 信号は青に。静かに発進。 東京ラブストーリーだよね。 リカだよね。 おかーさん観てたっけ。 私の方が世代なんだ…

決まってる。温存だ。

入江亜季さんは『群青学舎』を読んですぐ好きになった漫画家さんだ。 でも、二つ目の長編『乱と灰色の世界』はまだ読んでいない。 なぜかというと温存だ。これ、前に友達のブログにコメントで書いたのだけれど…。 あまりにも誰かの漫画を(小説でも)好きに…

もう漫画読むだけでいい

すんごく落ち込んだときどうするかというと、漫画を読む。うまくすると浮上できるからだ。 今回はこの漫画を読んでとっても良かった。(2巻まで出てます、まだ続きます。) 『北北西に曇と往け』入江亜季 北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス) 作者: 入…

涙と眼鏡

眼鏡を拭こうとしたら、ポツポツ白っぽい水滴の跡がたくさんついている。 あれー。今日は泣いてないのになんで?寝ながら泣いたのか。 と思ったけどよく考えたら、今日は夕方横なぐりの雨だったので、ふつうに雨の跡でした。 鷺沢萠の短編集に、主人公が泣き…

先日、母が小さい頃の話をしていて、突然、「あんた昔よく転んで膝擦りむいてたでしょう。傷跡残ってるんじゃないの?見せなさい」。 父も「そうだったな見せてみろ」。 見せたさ。親の前で、30年ぶりくらいにこ汚い膝見せた。 でも大きな傷はなかった、小さ…

桃太郎か浦島太郎か

岡島悦子さんの講演をメモったノートが出てきて、 宇宙飛行士に向いているのは、桃太郎か、浦島太郎か? ↓↓↓ 答え:浦島太郎。浦島は「まいっか」と思える人。そーゆー人の方がアストロノーツに向いている。 と書いてあった。 私、去年確か、桃太郎って答えた…

三年寝太郎のこと

三年寝太郎のことを考える。 三年寝太郎とは。https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B9%B4%E5%AF%9D%E5%A4%AA%E9%83%8E 三年寝太郎は、じつは3年間寝ながら、村の水不足の対策について考えていたのだった…って書いてあるけど、そんなわけない! 彼…

ジャッジされたくない

文章の書き方を教えている人がいて、たまにWeb上のその人の文章を読みに行っていた。 だけど、その人が「正直、40代にもなって何がしたいかわからない人は困る」というようなことを言っていて、その後は二度と読みにいかなくなった。 自分がその人の指導の対…

インベスターになれない

先日とあるオンラインサロンで知り合った方々と、投資の勉強会?に行きました。 勧誘とかでは全くなくて、教えてくれた方もとてもいい人だし、ためになりました。そしてその投資の仕組みは理屈が通っていて、かつ皆がウィンウィンになってることは、ややこし…

父と家業

休みの日、父と遅い朝ごはんを食べてました。母は出かけていていませんでした。 週一回の休みなんだから好きなところへ出かけなさい、などと父が言うので、「私が仕事辞めると言ったらどうする?」と聞いてみました。 そしたら、どういうふうに辞めるのか聞…

ただずっと見てくれる人

前に、元気がないときは、油断すると考え事をしてしまうと書いたのですが、その後少し元気になり、油断すると眠ってしまう生活に戻りつつあります。 先日は、親が大音量でテレビを観ているなか、居間で寝落ちしてしまい、しかも2時間も寝てしまって我ながら…

まだわかりません

少し前まで英会話スクールに行ってて、はじめはグループレッスンを受けてました。 老若男女問わず、いろんなかたと話せて楽しかったものです。 グループレッスンの冒頭では「この1週間どうだった?」っていうことを1人ずつ短めに話すんですね。 ある時、70代…

逃げ出すようにやきそばを買いに行く

母のことは妹に任せて、今日はたまった書類仕事をやっつけている。 書類仕事は、頼まれたその日に書いてしまうのがもっとも負担感が少なく、早く終わる。もともと書き仕事は嫌いではなく、得意なほうだし早い方だ。 書類には時間のかかる書類とかからない書…

回復志向により

何もしていないとき、油断するとすぐ眠ってしまうのだが、最近は油断すると考えてしまう。 母の隣にいても、話すでもなく、新聞読むでもなく、スマホ見るでもなく。母は放っておいてくれる。 たまに「バナナ食べる?」と聞かれる。 ストレングスで、回復志向…

アイスを買いに

母に「何か買ってきてほしいものある?」と聞いたら「アイス」と言われたので、わかった〜と行こうとしたら、 「アイスだけ買うのはずかしいかい?悪いね」 と言われた。え、いいよいいよ、と買いに出たのだけども。 その後思ったのだけど、「アイスだけ」買…

母は忘れていたけれど

友達が娘さんにあてて書いた手紙が素晴らしくって、感動しました。こちらです↓ 「心から対話をする。そして1mmでも前に進むこと。」https://note.mu/sanna/n/n1f92c06113b1 私も、母からかけられた言葉で感動したことあるかな?と思って振り返ってみました。…

ラーメンかぶせる

私「ねー、おとーさんに今までされたことで一番ひどいことって何?」 母「そんなもん、いろいろあるわ〜。でも一番ひどかったのは…ラーメンかぶせられたの」 私「か、かぶせ?」 母「お父さんとラーメン2人で食べてて、何だかんだ話してたらお父さんが『オマ…

ある友人の話

ある時、よそで「世間知らず」と言われてちょっとへこんだ。私には、「世間知らず」って言葉には「狭い世界の中でぬくぬくと楽をしてる」というイメージがあるから。 それで親しい友人に聞いてみた。「私、世間知らずかな」と。 するとその人は言った。「世…

私の転機

お題「私の転機」を見て思いだした話を書きます。 むかしむかし、私が小学6年生の頃。当時、給食費は毎月、専用の封筒に入れて学校に持っていくことになっていました。 その日、先生が「給食費持ってきた人、出して〜〜」と言うので、私は何も考えずにランド…

ITオンチのルーター交換顛末記

【免責事項】この記事はルーター交換の知識を提供するためではなく、迷えるITオンチが自力でルーター交換に成功したリアルなドキュメンタリーをお届けするために書かれた…。 ***** 祝日に、冗談じゃなく「4時間かけて」ルーター交換をしました。疲れま…