短歌と妄想とよもやま日記

読書とよもやま話の日記、たまに短歌鑑賞します。

2018-02-27から1日間の記事一覧

晩冬の東海道は

晩冬の東海道は薄明かりして海に添ひをらむ かへらな 紀野恵『さやと戦げる玉の緒の』 この歌、紀野恵さんの代表作だそうです。最後の一字空けの後の「かへらな」のインパクトが強くて、すぐ覚えました。 ですが、東海道という道を擬人化していてスケールが…